痩身エステは施術頻度とその後の過ごしかたがポイント!継続的な努力で効果アップを目指そう

痩身エステに通うほど真剣にシェイプアップに力を入れているのであれば、出した費用や通う手間に見合うだけの成果をしっかり出したいものです。
たしかに、ただ横になっているだけで脂肪や筋肉に対して効果的なアプローチができる魅力的なダイエット方法ですが、マシンだけに頼っていては思うように痩せられません。
施術に通う頻度、施術後の過ごしかたなどでその効果は左右します。

週1から週2を目安に3ヵ月から半年は利用すること

即効性があり、痩身エステを受けた後にサイズダウンできたという声も少なくなく、実際に初めて施術を体験したかたの中にもその変化に驚く声は多く聞かれます。しかし、あくまでも一時的なもので、その場ではスッキリしたように見えるものの時間が経てばすぐに戻ってしまいますから、効果を保つためにはアプローチを続けなければなりません。
あくまでも目安で施術方法によっても違いはありますが、痩身エステに通う頻度としては週に1回から2回、早めに結果を出したい人は多めに入れることをすすめられるでしょう。痩身エステでも10回から20回コースがセットになっていることが多く、少なくても2ヶ月、平均で3ヵ月から半年程度通えるプランが人気です。

痩身エステ後は2時間から3時間は食事を控えて水分を摂る

エステティシャンにも指導を受けますが、油断をしていて意外に守っていないかたが多いのが痩身エステ後の食事です。代謝が上がっているのでとてもお腹が空きますし、少しくらいならいいだろうと摂った食事のエネルギーをグングン吸収、せっかく燃焼された分を水の泡にしてしまいます。
デトックス効果、脂肪燃焼効果が得られる痩身エステ後は、最低でも2時間から3時間ほど時間を置いてから食事をするように気をつけましょう。その代わりに水分補給を怠らないようにしてください。
排出効果を促進するのはもちろんのこと、遠赤外線ドームやヒートマットなど、大量の汗をかく痩身エステを受けた場合には特に、脱水を予防しなければなりません。ただ、身体を冷やさないように常温からぬるま湯程度のものを口にするように意識することも大切です。

痩身エステ後に運動をするのも効果アップのポイント

運動せずに痩せられるというのが痩身エステの魅力ですが、全く運動をしないというのも効果ダウンに繋がりかねません。効率よく燃焼できる身体に整えられた痩身エステ後はなおさら、そのタイミングで運動を行って余分な脂肪を燃やしてしまうのが最適です。
激しい運動は逆に身体に負担になってしまいますし、老廃物を再び体内に溜め込むことになりますので必要ありません。運動音痴のかたでもできる簡単なことで大丈夫、有効なのは血行を促進して身体の循環をスムーズにする有酸素運動で、ウォーキングや軽いジョギング程度のもので十分な効果を発揮します。
痩身エステを受けた後はついダラダラと過ごしてしまいがちですが、30分ほど歩いたり、近所を走るトレーニングを組み込むだけでもダイエット効果アップを期待できるのです。お金もかかりませんし、心がけておくことで違いが出てきます。